炭化水素系洗浄機・サンドセパレーター・水処理装置のマルサンテック
  1. トップ
  2. ラバルセパレーター/サンドセパレータ

ラバルセパレーター/サンドセパレータ

ラバルセパレーター(別名:サンドセパレータ、ラコスセパレーター)は、液体と固形分を瞬時に分離・除去する装置です。
サンドセパレータとして砂除去の用途で最も多く使われており、地下水、河川水、井戸水などに混入する砂を除去することが可能です。
サンドセパレータ以外の用途でも、このラバルセパレーターは世界各国・日本中で上下水処理、重工業、化学、電力、空調、食品及び産業用水処理など幅広い分野で多数の実績があります。

主な3モデル IL/JPX/JPLシリーズ

ILシリーズ

小型~中型タイプです。主にサンドセパレータとして利用されています。
流量が1トン/hr程度の物から、最大で66トン/hr程度のものまで取り揃えております。

モデル名記載は炭素鋼製がILB、SUS製がILSとなります。

ILシリーズの炭素鋼製(ILB)

サンドセパレータ小型~中型のILBシリーズ

ILシリーズ

JPX/JPLシリーズ

小型~大型まで取り揃えております。JPXシリーズは微小な粒子も除去できる工業用のセパレータとして幅広く利用されています。
JPLシリーズはJPXシリーズの廉価タイプとなります
JPX、JPLシリーズは縦型のタイプと斜め型のタイプの2種類を用意しています。

JPXシリーズの型式一覧

JPLシリーズの型式一覧

サンドセパレーターLAKOSの大型JPXシリーズ
JPX・JPLシリーズ

ラバルセパレータ/サンドセパレータの主な用途

ラバルセパレーターはサンドセパレータとして砂除去を主な用途としておりますが、液体から固形物を除去する目的で様々な分野で使われております。

  • サンドセパレータ/河川水・地下水・井戸水からの砂除去
  • 熱交換器保護
  • 工場排水からのスラッジ除去
  • 工作機械の切削液に含まれる金属粉除去
  • プラント施設・埋立現場・上下水処理施設・発電所といった大規模排水処理施設

ラバルセパレーター/サンドセパレータの主な使用事例紹介

優れた分離性能

固形物と液体の比重差を利用し、井戸水・地下水からの微小な砂除去、液体中のスラッジ除去を可能とします。最終的な除去効率は、固形物の比重と粒径によって決まってきます。

以下リストは分離可能な固形物例です。

  • 砂利・砂
  • 鉄粉・錆
  • アルミニウム
  • その他金属粉

詳細な分離性能グラフ

ページトップへ戻る