炭化水素系洗浄機・サンドセパレーター・水処理装置のマルサンテック

ラバルセパレーター/サンドセパレータ使用事例

ラバルセパレータは砂を除去するためのサンドセパレータとして最も多く使われておりますが、それ以外にも様々な用途で使われており、以下はその代表的な事例となります

ラコスセパレーターJPXシリーズ設置状況
超大型機2基並列

サンドセパレータとしての利用

ラバルセパレーターはサンドセパレータ(徐砂装置)とも呼ばれており、砂の除去に最適です。サンドセパレータは工場などで地下水・河川・井戸水の汲み上げにおける砂の除去、人工池、ため池などの砂除去で活用されております。また、ゴルフ場での散水、農業用水からの砂除去としても利用されております。

サンドセパレータとしての利用事例詳細

工事現場での利用

ラバルセパレーターは工事現場における排水のサンドセパレータとして多く利用されております。また、浚渫工事など数多くの工事現場で採用されており、過去の大型工事では、空港建設現場、大型海上東京湾横断道路など、多数の現場でラバルセパレータ利用の実績があります。空港建設現場では数十万m3の浚渫土の分級や砂の回収などの実績があります。

冷却塔(クーリングタワー)における粉塵・錆等のスケール除去

冷却塔(クーリングタワー)のタンクの底には、外部からの粉塵や配管内の錆等が混入し、チューブの詰まりや効率の低下の原因になっております。また、これらの粉塵などは藻やスライム、レジオネラ菌の発生原因となっています。
ラバルセパレーターを循環ラインに設置し、これらの異物を除去するとともに、処理水をタンクへ還流させ水流を作ることにで、薬注入を削減することも可能です。

冷却塔での利用事例詳細

熱交換器保護

ラバルセパレーターは熱交換器保護にも幅広く利用されております。
熱交換器に多量のスケール・スラッジ等が堆積すると十分な流路が確保できず、流量不足になり、頻繁なプレート洗浄の必要性も出てきます。ラバルセパレーター(LAKOSセパレーター)をプレート入口に設置することで、液体中のスラッジ等を除去し、プレート内の汚れの付着を減少させることが可能です。
ラバルセパレーターの導入により、熱交換器の能力低下の防止や、定期メンテナンスを大幅に削減することが可能です。

熱交換器での利用事例詳細

冷却水からのスラッジ除去

ラバルセパレーターはあらゆる冷却水・クーラント中のスラッジ除去に利用されております。
例えば、金属の圧延冷却水、成形時の冷却水、クーラント中のスラッジ除去、工作機械の冷却用循環水など、多岐にわたる目的に利用されております。

自動車工場・化学工場など各種工場でのスケール・スラッジ除去

製鉄所関連では、圧延仕上げ用冷却水のスケール除去、冷間圧延機のクーラント液に含まれる鉄粉主体のスラッジを除去などでラバルセパレーターが利用されております。
自動車工場では、例えば自動車表面処理、脱脂洗浄工程、ノズル保護用スラッジ回収、冷却水清浄といったあらゆる場所で利用されております。他にも化学工場・製糸工場・製薬工場など、あらゆる場面において、配管中のスケール除去などといった様々な用途にラバル・セパレーターは利用されております。

製紙工場でのウッドチップや砂の分離

パルプ工場における排水中の砂や比重のあるウッドチップ等をラバルセパレーターで分離することが可能です。

食品工場でのオイル中の固形物分離

循環するオイルラインから揚げカスをオイルセパレーターが分離します。ポテトチップス、コーンチップ、チキンナゲット、フライドポテト等の揚げカスの分離に利用されています。 また、大豆のミセラの除去としても、数多く利用されております。

プレフィルターとして利用

ラバルセパレーターはプレフィルターとして数多くの現場で利用されております。
現在利用されているフィルターで、メンテナンスの手間やフィルターコストが高くて困られている場合、本セパレーターを利用することで、手間・コストの削減が可能となります。

プレフィルターとしての利用事例詳細

ポンプの保護

ポンプの入り口側に取り付けることで、ポンプの砂や固形物による磨耗を防ぐことが可能です。

その他

発電所、浄水場の排水処理施設、下水処理場、温泉施設等でも多く利用されております。

※セパレーターの使用事例一覧はこちら

大型タイプの斜め型のラコスセパレーター

大型機:冷却水からのスラッジ除去として(設置前)

ページトップへ戻る

ラバルセパレーター/サンドセパレーターのトップページに戻る